血管の病気や血圧を下げるオリーブオイル、その他5つのキーワード!

血管の病気、血圧を下げるのは「食物繊維、カリウム」

2016-12-22_074638
心臓血管系の病気を防ぐためにトライして
ほしいことがあります。

摂ってしまった塩分を排出する作用のある
「カリウム」や「食物繊維」などの
降圧効果(血圧を下げる効果)のある
食品を積極的に摂るということです。

心臓や血管の病気を防ぐためには
カルシウムやマグネシウムをバランスよく
摂って血圧を安定させることが大事。

イカ、タコ、エビ、カニ、貝類に含まれる
「タウリン」も降圧効果があります。


心臓や血管系の病気を防ぐ!少しずつトライしてみる食の5つのキーワード

①カリウム

塩分の摂りすぎで増えてしまうのが
ナトリウムです。

カリウムはこのナトリウムの排出を
促して血管を拡げてくれます。

カリウムはその排出を促し血管を
広げる効果があります。

たけのこ、ほうれんそう、かぼちゃ、
にら、これらにはカリウムが豊富に
含まれています。

他にもりんご、バナナ、メロン、いも類、
アボカドにもカリウムが豊富です。

気をつけてほしいのは食べるとき
一緒にコーヒーやお酒を飲むと
カリウムは排出されるので注意が必要です。

腎臓病を持っている人いますか?
ちょっと待ってください。
腎臓病の人は摂取前に医師に
相談をしてください。
2016-12-22_074710


②大豆製品

降圧作用のある栄養素が豊富に
含まれるのが大豆です。
血管を丈夫にする効果もあります。

また大豆には、カリウム、食物繊維、
カルシウム、マグネシウム、ビタミン、
葉酸など降圧作用のある栄養素が
ズラっと含まれています。

良質なたんぱく質が主成分な大豆、
血管も丈夫にしてくれます。

「大豆レシチン」は悪玉コレステロールを
減らし善玉コレステロールを増やす
役割をもっています。

「サポニン」は降圧や動脈硬化予防に
効果をもたらします。

大豆には血管の病気を防ぐ
栄養素が豊富に含まれています。
2016-12-22_075341


③食物繊維

ナトリウムを排出して血圧を下がっていく
腸内をきれいに掃除してくれるのが
「食物繊維」です。

なかでも水に溶ける水溶性の食物繊維は
余分な脂質や糖質、ナトリウムを排出して
血圧を下げるのに大きな役目をもってます。

水溶性食物繊維が豊富なのは、
りんご、みかん、昆布、わかめ、
大豆などなどです。
2016-12-22_075721


④お酢

酢は血圧を下げる作用があり
減塩対策にも注目されています。

醤油や塩の代わりに
活用したいのが酢です。

酢の成分である「酢酸」は血流を促し
血圧を下げてくれます。

また同じ成分の「クエン酸」は
動脈硬化を予防します。

さらに「アルギニン」には血圧の
上昇を抑える働きがあります。

スポンサードリンク

漬け物がお好きな人は野菜の
酢漬けをおすすめします。
2016-12-22_080020


⑤ビタミン

ビタミンは血流をの効率を高め
動脈硬化を予防します。
血流改善、動脈硬化予防に役立ちます。

心臓血管のために積極的に摂りたいのは、
魚介類に多いビタミンD、ビタミンE、
ビタミンB12、

緑黄色野菜に多いとされる
ビタミンC、ベータカロテン、

にんにくに多いビタミンB6、

レバーに多い葉酸などがあげられます。
2016-12-22_080213


心臓と血管に影響及ぼす血圧に効くのが魅力だらけのオリーブオイル!

上記にあげたのとは逆に摂取量を控えたい
要注意アイテムはなんでしょうか?

「動物性の油」です。

バターやラードなどの動物性油を
摂りすぎるとコレステロールが
みるみる増えて
血圧が上がってしまいます。

そこで油は、動物性より植物性を。
おすすめは「オリーブオイル」

油はできるだけ植物性オイルの
ものを選んでください。

悪玉コレステロールを減らすオレイン酸を
多く含むオリーブオイルがベストです。
2016-12-22_080820
最近は減塩のために、バターの代わりに
オリーブオイルをパンにつけて食べる
人が多くなってきました。

それこそヨーロッパの料理の定番なのが
オリーブオイルです。

日本ではそれほど馴染みが無く口に
しないという方もいると思います。

オリーブオイルの一番の魅力ですが
食事前に摂取することで食べ過ぎを
防ぐ効果があると言われています。

オリーブオイルに含まれる
オレイン酸がその理由です。

私たちの体って脳にある満腹中枢を
刺激することにより

「あー、もうお腹いっぱい!」と
感じることが出来ます。

その刺激がないと必要以上に
食べ物を摂取してしまいます。
その延長に肥満が待ち受けています。

オリーブオイルのオレイン酸には
満腹中枢を刺激する効果があります。

サラダやパンにかけて食べることで
食べ過ぎを防止できます。
2016-12-22_080453
様々な効果があるオリーブオイル、
実際のカロリーがさぞかし気になる方も
多いことでしょう。

大さじ1杯で約120kcal。
やはりオイルなので高めです。

しかしオリーブオイルに含まれる油は
血液をサラサラにする効果や老廃物の
排出を促す効果があります。

摂り過ぎないように注意すればそれほど
カロリーを気にする必要はないでしょう。

純度が高く香りも良い
「エキストラバージンオリーブオイル」
はかなりお勧めです。

油の質を変えるだけでも十分な
ダイエット効果が期待できます。


まとめ

2016-12-22_081320
最後にこれも知っておいてください。

「しらす」にも大きな血圧を低くする
効果が認められています。

カリウムが豊富に含まれているからです。

ところが大根はしらすに含まれる
リジン(体の成長を助ける働きがある)の
吸収を邪魔してしまいます。

よってできれば大根としらすの
食べ合わせは避けてください。

大根には酵素に作用する
酢をかけて食べるといいですよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です