男性ホルモンの低下の原因|若々しさを増やすための食事や生活改善

b5f5a9e576552e24b2f1e4934acdb353_s

男性ホルモンを増やしてデキる男に変身してやる!
その男性の見た目から仕事の出来具合、
対人能力、生活習慣病の発症率、

そのすべてにおいてほぼ男性ホルモンが
深く関わっているといいます。

良いコンディションを保つには
ホルモンの急激な低下を防ぐこと。

心身健やかに睡眠・生活習慣・食事に気を配って
デキる男を目指したいものです。


男性ホルモンが低下してませんか?|チェックリストで確認

男性ホルモンが低下しているかもしれません。
こんなあなたはここに要注意!
  ↓ ↓ ↓

□以前は楽しみだったことが今は億劫に感じる

□勝負事に負けても気にしなくなった

□夜ぐっすり眠れなくなった

□休んでも疲れが取れない

□頻尿、尿漏れが目立ってきた

□毎日、朝立ちしなくなった

2016-11-20_182518


男性ホルモンの低下の原因は男性の身体にも大きな影響を与える

体の中にはおよそ80ものホルモンが存在します。
それは様々な働きをし、体の各機能を正常に保っています。

男女共に50歳を境に体内のホルモンのバランスが
変化していきます。

男性は男性ホルモンが低下します。
が、女性ホルモンは基本的に変化が見られません。

つまりふくよかな奥方のようなイメージに
なりやすいということ。

男性ホルモンが低下するタイミングは
非常に個人差が大きいといいます。

40代で低下する人もいれば、
80代になってもある程度のホルモンの量を
保持している男性もいるほど。


豊かな男性ホルモンは実力ビジネスマンの証

2016-11-20_182442

男性ホルモンにはいくつかの種類があります。

その9割を占めるのが「テストステロン」。
まさに男らしくあるためのホルモン。

テストステロンがホルモンとして高い値にあれば
筋肉質の体になれるし、精子を作る力もある。
性欲も十分にもてる。

テストステロンは動脈硬化を防いだり
骨の健康や免疫能力を高める役割も備えてます。

さらに老化に関わる細胞を健やかに保つなど
脳内の精神活動や脳神経にも関係してます。

そして、テストステロンは男性の仕事との
結びつきにも大きく影響してるのです。

 「最近部下を怒ることが増えた‥」

 「仕事のスピーディーが落ちた」

 「物覚えが悪くなったような‥」

これはまさしく黄色信号です!

テストステロンのホルモン分泌が
減少したことが原因とも考えられます。

仕事上での行動力・判断力・集中力、
コミュニケーション力などは男性ホルモンが
大きく絡んでいます。

テストステロンの分泌がなされていれば
それらの能力は衰えることなく第一線で
戦うビジネスマンでいることができます。



もうひとつ、男性ホルモンの要となるのが

「デヒドロエピアンドロステロン」
 (DHEA)

DHEAは別名、マザーホルモンと言われます。
長い目で見れば、このDHEAを維持することで
男性ホルモンを保つことにつながります。

100歳近い元気なご年配の方を調べると
DHEAの数値が高かったんです。

男性ホルモンの分泌は20代がピーク。
そこから確実に年々減っていきます。

男性ホルモンはストレスにも弱い。
ストレスかぶれになると大幅に分泌量が減少します。

そうならないためにもホルモン維持のために
生活習慣、運動と睡眠、基本的な食事が
大切
なのです。


男性ホルモンの低下を取り戻す運動|だがマラソン後はホルモンは低下してしまう

2016-11-21_051618

男性ホルモンを維持するには適度の運動も必要です。
しかし運動のしすぎは逆に男性ホルモンを低下させます。

月間200kmを超えて走ると男性ホルモンは下がっていくのです。
さらにホルモンの回復には数カ月かかるという研究結果も出ています。

フルマラソンをした後の男性ホルモンの数値を測ると
なんと一ヶ月は低下したままの状態に。

スポンサードリンク

運動して3~4日経過しても疲労が抜けないならば
それは運動のしすぎです。

無理に目標を上げないことです。
気力体力が回復してから運動は再開してくださいね。


男性ホルモンの低下を回復させるには「ときめき」も効果あり

2016-11-20_182544

”ときめき”も男性ホルモンの分泌量に関わってます。
気になる女性に会うだけでもときめきは増します。

あとHな本を見ることにも影響します。
性的な刺激を受けることも
男性ホルモンには大事なことです。

いや男性ホルモンが低下したら
性欲や女性への興味がなくなってしまいます。

女性への興味が高いことは男性ホルモンも
高い証明なのです。

ときめきは女性でなくてもいいです、
新しい趣味をはじめたりワクワクドキドキな
とこでも男性ホルモンは分泌されます。
若々しい男でいられる秘訣です。


男性ホルモンのための睡眠は最初の3時間が大事

2016-11-20_183846

ビールの原料でみんな知っているのが「ホップ」
ホップには女性ホルモンの「エストラジオール」に
似た成分が含まれます。

このエストラジオールが男性ホルモンを下げるそうです。
ビール好きの男性は要注意です。

ビールばっかり飲む人はぽっちゃり
女性体型の人が多いそうです。

そんな飲酒する時間なども注意です。
男性ホルモンの分泌を促すためには
7時間睡眠がベストです。

せめて夜中の0時までには就寝する、
寝る直前までパソコンやスマホを見ない、
食事や飲酒は眠る3時間前まで、

これらで睡眠の質を上げる努力もいります。

睡眠は最初の3時間にしっかり眠れれば
脳へのストレスが軽減され男性ホルモンが増します。

男性ホルモンの分泌は1日の中で
朝5~6時がピークです。

集中力や決断力が高まり、午後になるとホルモンは
下がっていきます。

よって朝型生活にすれば夜にメラトニンが分泌され
ぐっすり眠れるようになります。


男性ホルモンの低下を防いで若々しさを増やす食事

ホルモンを生成するにはお肉や卵、魚介類に含まれる
コレステロール、脂質、ビタミンが必要になります。

また男性ホルモンの低下を防ぐために亜鉛も摂ることも大事。
牡蠣や牛肉、豚肉に含まれています。

男性ホルモンの分泌に活躍するのがトウモロコシです。
トウモロコシの亜鉛やビタミンBなどの栄養分が
腎臓や膀胱などの泌尿器炎症にも効果があります。

トウモロコシをゆでて刻んで食べましょう。


胃薬は常用してはいけない

胃薬を飲む習慣はあまりよろしくない。

胃酸を抑える市販薬は胸焼けなどの症状によく効きます。
しかし胃酸はビタミンやミネラルを吸収します。
胃薬がそれを阻害するので栄養不足を引き起こすのです。

胃薬を頻繁に使うとホルモンの生成に悪い影響が及びます。


男性ホルモン低下には良い生活習慣を心がける|改善できなければ病院で診察も

59812b1bf36e3c0ef8443b09b9e3db40_s

男性ホルモンはつねに変動しています。
前日に激しいスポーツをしたり、ストレスを受けると
男性ホルモンは低下していきます。

なかなかとれない疲労感や頻尿に悩むのであれば
病院を受診することをおすすめします。

そのまま放置すると男性の更年期障害を
引き起こすことにもなりかねません。

排尿や勃起障害、前立腺の悩みは泌尿器科へ。

病院でおこなう治療の一つに
「ホルモン補充療法」があります。

体内のホルモンの量を測定し適正な量を補充します。
数回の治療で抗うつが改善されたり性欲が戻った、
眠れるようになったなど効果があらわれるようになります。

最終的には外部からの補充でなくて
自分でホルモンを分泌できる体に戻すことを
治療の目的にしています。


まとめ

近年では、男性ホルモンの低下が
心筋梗塞や生活習慣病にかかるリスクを
高くするといった研究結果があるほどです。

将来に迫りくるであろう病気を予防するためにも
いまからホルモンによい生活習慣をはじめることです。

少しでも若くいたいのは皆一緒ですからね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です