不整脈の自覚症状に気づいた時の対処│心臓の治療方法、期外収縮とは

virus_oetsu

会社の健康診断などで「不整脈」を指摘されたことありますか。

再検査で「問題なし」って言われたにしても
あとあと気になるものです。

不整脈の多くは治療を必要としません。
ですが、中には注意すべきものもあります。

そうそう心配しすぎず、
でも危険であることは間違いでない
不整脈を見逃さないためにも

知っておきたい不整脈の知識を
身につけておきたいものです。


不整脈とは?自覚症状に気づいた時の対処法のために

%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%aa%e3%81%92%e3%82%93%e3%81%84%e3%82%93

脈が速くなったり遅くなったり、
リズムが乱れたりする状態を不整脈と言います。

心臓は1分間に60~100回、1日に約10万回の収縮をして
血液を全身に送り出しています。

心臓には4つの部屋があり全身をめぐって心臓に戻ってきた
血液はまず右心房に入りそこから肺に送られます。

肺で酸素を取り込んだ後、左心房を通って左心室に入り、
そこからまた全身に送られるという流れです。

心臓を規則正しく動かすのは「電気の刺激」です。
じつは心臓には電気刺激を発する場所と
それを伝える一種の配線があります。

その電気がきちんと作られなかったり、
伝わり方がおかしかったりすると、
不整脈が現れるのです。


不整脈は3つのタイプに分かれる

不整脈は、大きく3つのタイプに分けることができます。


「徐脈性不整脈」 脈が遅くなるタイプ。

「頻脈性不整脈」 脈が速くなるタイプ。

「期外収縮」   正常な脈の間に単発、連発して
         不規則に混人するタイプ。



徐脈性不整脈は、電気を発する場所の異常や
伝える機能の異常のため心臓の動きが悪くなる病気です。

徐脈性不整脈が怖いのは、脈が遅れ停止してしまうことです。
めまいや失神などの症状もでてきます。

検査の結果、
脈の遅さによる症状と診断された場合は重症度により
ペースメーカーの植え込みが必要と判断されるケースもありえます。


不整脈の自覚症状と種類│期外収縮など大きく3つある

■徐脈性不整脈

脈が遅くなるタイプの不整脈のことです。
洞不全症候群や房室ブロックなどの病気が含まれます。

洞不全症候群は、心臓の発電所の役割をする洞結節という
場所の機能異常によって心臓を収縮させる電気刺激の機能が
働かないできない病気です。

房室ブロックは、心房と心室の間にあり電気の流れを調節する
房室結節の機能が低下し心室に電気が伝わりにくくなる病気です。

ふらつきなどの症状があれば治療が必要になります。



■期外収縮

脈のリズムが乱れるタイプの不整脈のことです。

心臓の発電所である洞結節とは別の場所から
やや速く電気が発せられることで
脈が飛んだように感じられます。

自覚症状のない人が多いものの
動悸やめまいを感じる人もいます。



■頻脈性不整脈

脈が速くなるタイプの不整脈のことです。
発作性上室性頻拍や心房細動、心室細動などが代表的です。

他にも心房の中の電気の伝わり方に異常が起こる心房頻拍、心房粗動、
また心室内で電気が旋回する心室頻拍などがあげられます。

いちばん怖い不整脈なのが心室細動です。
心室内を電気が駆け巡り無秩序に心室を興奮させる状態で
血圧が急激に低下し数分で心停止状態になってしまいます。



不整脈といってもさまざまなものがあります。

数としては圧倒的に多いのが期外収縮です。
が、怖いのは突然死の原因にもなる心室細動です。

自覚症状がないのに突然出現することがあります。
やっかいなのはこれらが予防が困難なことです。

近年はAED(自動体外式除細動器)が普及してきました。
AEDで処置することで救命が図られています。

不整脈は心筋梗塞の経験や心筋症のリスクか
高まることがわかっています。

不整脈の影響で遺伝にも大きく影響します。
身内に突然死の人がいる場合であれば
きちんと心電図の検査を受けましょう。

スポンサードリンク

%e3%81%8b%e3%82%82%e3%81%97%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93


不整脈でもっとも多いのが「期外収縮」、基礎疾患に要注意

期外収縮は、脈が飛んだように感じられる不整脈といわれます。

本来、電気を発生しない場所の細胞が変性して電気を発することで
リズムを崩して心臓が収縮し脈が乱れるのです。

期外収縮は多くの人に見られる現象です。
健康な人でも1日のうち、年齢と同程度は
認められることもあります。

自分自身で不整脈を疑って受診される
患者さんの約7~8割がこれです。

期外収縮の重症度は年齢や自律神経の状態で変わります。
自覚症状のない人もいますが
大半は放っておいても危険はありません。

が、脈拍の20%以上に期外収縮が認められる場合、
将来的に心臓の状態を悪くする可能性もあるので
治療をお勧めします。


不整脈で激しい動悸が突然始まり突然終わる自覚症状が「頻脈性不整脈」

頻脈の代表格に発作性上室性頻拍と心房細動があります。

これらの場合、突然始まって突然治まるのが特徴で
数分間で止まることもあれば数日続くこともあるのです。

動悸を自覚しても脈が100回程度の場合だと、
多くは自律神経や甲状腺機能の異常など
不整脈以外の疾患が原因です。

心房細動は不規則に速くなるもので加齢が関係するため
高齢者には非常に多く見られます。

高血圧や心筋症、弁膜症などによって起こるものもあり
とくに40代、50代の人の心房細動には
それらの疾患が隠れていることもあります。

いずれも、動悸、めまい、息苦しさなど、自覚症状を覚えます。
長く続くと心臓の機能低下や血栓を招きかねません。
しっかり受診し、診断を受けることが勧められます。


不整脈の心臓治療方法|心房細動の放置は危険かも

70歳以上の高齢者だt心房細動の発現する確率は上昇します。

心房細動には一時的なものと永続するものとがあります。
長く続くと心臓の機能を低下させてしまう心配があります。

また、心房の中で血液が不規則にグルグル回り血栓を発症します。
その血栓が血液に乗って体のあちこちに運ばれると、
血管を詰まらせてしまうことがあります。

脚や内臓の血管を詰まらせることもありますが、
いちばん多いのが脳の血管を詰まらせることです。

血栓が脳血管を塞ぎ、脳細胞を壊してしまう‥
それが脳梗塞です。

yochou

心房細動の患者がどれだけ脳梗塞になりやすいかを測る指標として
抗血栓療法の選択基準である「CHADS2スコア」があります。

 ○心機能が悪いと指摘されている

 ○高血圧である

 ○75歳以上である

 ○糖尿病である

 ○これまで脳梗塞や一過性の脳虚血発作の経験がある

これら5つのうち2つ以上当てはまる人は治療の対象となります。
医療機関に相談してみてください。


不整脈の治療と診断|規則正しい睡眠とおかしいなら病院へ行く

douki

動悸の多くは自律神経失調などによるもの多いです。

心臓の病気がないならば
まずは規則正しい生活と十分な睡眠を心がけましょう。

自律神経を安定させることが
動悸や不整脈への対処の第一歩です。

それでも動悸や息切れがつらい場合、
脈が数えきれないほど多い場合、
意識が遠のいた経験がある場合、

高血圧やほかの心臓病をもっている場合は
医療機関を受診することです。

医療機関で基礎疾患が疑わしければさらに
詳しい検査をし、疾患に応じた治療を開始します。

治療が必要な期外収縮には余分な電気の発生を抑える
抗不整脈薬や神経の興奮を抑える安定薬などを
用いた治療を行います。

おかしい!と思ったら迷わず受信をすることです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です