グリーンスムージーはローソンがコンビニ最初おすすめダイエット効果

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3kl

酷暑の夏もやっと通り過ぎた今日このごろ、
でも油断は禁物です。

気が緩んでくると仕事でパワーを落としかねません。

いまパワーが出る人気の健康飲料といえば
コンビニローソンの「グリーンスムージー」。

スムージーとは、野菜や果物を皮や種ごと
ミキサーにかけて作るドリンクのことです。

食物繊維や栄養が豊富に含まれているため数年前から
女性をメインにジワジワ人気が出始めました。

自宅でつくるレピシ本も出版されたり
専門店が増えたりとちょっとした
スムージーブームになっています。


グリーンスムージーは口コミで│コンビニで最初に商品化したのがローソン

その人気のグリーンスムージーをコンビニで最初に
商品化したのがローソンでした。

2年ほど前にお手軽に野菜を摂取できるスムージーが
市場に定着してきていることに気づいた担当者さん、

グリーンスムージー誕生のきっかけは
仕事と育児の両立に励むママさんでした。

毎日きちんと野菜をとらなくちゃって、
たっぷり野菜がとれるグリーンスムージーを
商品化してみようと考えます。

85beb35cf068e4fa60083cf7839bc070_s

販売を開始した当初は、200グラムのドリンクに
ケールや小松菜‥と栄養価の高い野菜が
1食分118グラムがドンと入っている‥

そんなドリンクはちょっと青臭いんじゃ?
と思われないかと‥

健康にいいものって大抵美味しくないって
イメージがどうしても先行します。

ところが1週間、2週間と時間がたつにつれて
いつのまにか売り切れが続出という笑

「とってもおいしい!」と口コミも
広がりジワジワ浸透していきました。

特徴としては、1杯で118g分の野菜を使用しているにも
関わらずすっきりとした飲み口が特徴です。

原材料に青汁が苦手な人なら即座に反応するケール、
しかしそれをリンゴやキウイ、レモンが入っているため
非常に飲みやすく加工しており、
野菜嫌いの人・青汁嫌いの人も安心です。

成分表示は基本的に配合量が多いものを順に記載されます。

ケールのほか、さつまいも、人参、小松菜、セロリ、
パセリ、クレソン、キャベツ、ほうれん草、三つ葉と
健康に良いとされる野菜が中心です。

果物はキウイとりんご、レモンが配合されてます。

スムージーシリーズは全7種です。

ローソンは13年前に「マチの健康ステーション宣言」と題して
健康志向の商品やサービス開発に力を居れてきてます。

スムージーシリーズの他にヨーグルト飲料や
低糖質のブランパン、低カロリーのお菓子など
たくさんのローソンオリジナルな新商品を展開しています。

deb0086cb50ac14bf4e5222e7227d9ea_s


グリーンスムージーならローソン│ダイエットに効果はあるのか

飲みやすく美味しさに定評あるスムージーですが
実はこの原材料だけ真似てもここまで行き着くのは無理です。

原材料表記を確認すると、野菜成分のほうが
多いのは間違いないです。
自宅で自作してみても野菜の味が強くなります。

この飲みやすさは人工甘味料・ぶどう糖果糖液糖の
役割が大きいと大きいと思います。

スポンサードリンク

ローソンのグリーンスムージーはダイエットに有効でしょうか?
どれも低カロリーで低糖質なのは認められます。

ダイエットにプラスかマイナスかといえば
良い面が多いと思いますが注意点もいくつかあります。

人工甘味料(アセスルファムカリウム、スクラロース)が
配合されています。

人工甘味料は少量で強い甘みが出るため、
カロリーを押さえることができるのです。

あとローソンのグリーンスムージーは
どうやら腹持ちが良くないようです。

ぶどう糖果糖液糖も含まれています。
ぶどう糖果糖液糖はいわゆるガムシロップのことです。

砂糖より1gほどカロリーが低く、
低温でも砂糖より甘みを出すことができるため、
清涼飲料水やアイスなどでもぶどう糖果糖液糖は
よく使われます。

でも頭に入れておいてほしいのは
ぶどう糖果糖液糖は一般的なブドウ糖よりも
肥満や糖尿病のリスクを高めやすいという
研究データをもっていること。


■ローソンのグリーンスムージーのデメリット
 ・人工甘味料入り
 ・腹持ちがよくない
 ・ぶどう糖果糖液糖入り



人工甘味料は粉末のグリーンスムージーにも入っていますが
ぶどう糖果糖液糖が入っている製品は少ないです。

人工甘味料の過剰摂取は肥満リスクを高めます。

ようはローソンのグリーンスムージー、
飲み過ぎはよくないということです。

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc%e4%be%a1%e6%a0%bc%e3%81%a8%e7%89%b9%e5%be%b4%e5%9b%b3


グリーンスムージーはダイエットとして1日1回での置き換え食

ローソンのグリーンスムージーは11種類の野菜と3種類の果物が
入っているのにもかかわらず、野菜が苦手な人も
ゴクゴク飲めるおいしさに仕上げました。

グリーンスムージーをダイエットに用いる際は
1日1回での置き換え食としての活用をおすすめします。

腹持ちのいいスムージーで空腹を満たしながら
食事全体のカロリーを押さえることでダイエットに
役立てる方法ということです。

単純に野菜成分が豊富でもダイエットに
明確なプラスになるという結果論には至りません。

酵素がそのままダイエットに役立つわけでもありません。

ローソンのグリーンスムージーをダイエットに
用いるのであればあまりオススメできません。

コスパ的にも1食分138円~165円という料金も
決して安いとはいえません。

買って即飲めるという安心感はありますが
コスパからしても粉末スムージーの方がオススメです。

粉末スムージーも1食分の価格はまちまちですが、
底値ですと80円以下の商品もありますので。

長くしっかりとスムージーダイエットを
実践するのであれば断然粉末だと思います。


まとめ

2978f43f93d0179552c3e983eed96050_s

1本で1食分の野菜を摂りつつ、年代問わず誰でも気軽に
飲めるようにさわやかな味に仕上げた
ローソンのグリーンスムージー。

野菜のえぐ味を抑えようと、バナナやパイナップルなど
さまざまな果物を使って試作を重ね、
その結果酸味のあるキウイを味の決め手にしたそうです。

フルーツジュースの感覚で毎日飲んで
もらえるよう「おいしく健康」を目指しています。

老若男女が出入りするコンビニだからこそ
「コンビニで健康になろう」って時代がそこまできています!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です