残暑見舞いの贈り物でお礼のはがきの時期、また書き方と例文を見る

残暑見舞いの時期はいつまで?|はがきは8月中に出せば大丈夫

2016-05-28_081125


一般的に暑中見舞いが8月7日・8日の立秋まで。

それ以降が残暑見舞いとなります。
8月の立秋~31日までということになります。

9月をむかえても残暑が厳しいですから
9月上旬までは残暑見舞いは大丈夫でしょう。

でも8月中に送るのが無難なとこです。

お中元や暑中見舞いですが、
関東では、7月上旬~7月15日に届くようにするとされています。

また関西ではお盆の頃までお中元でいけるそうです。

いただいた贈り物、その返事を出すのが遅くなってしまい、
8月8日以降になってしまいました。

お礼状の書き出しは、「残暑お見舞い」として出します。


残暑見舞いの贈り物のお礼のはがき手紙の書き方と文例

残暑見舞いの贈り物・ギフトのお礼をする場合、簡単でもよいので一筆おこした
はがきを出しましょう。気持ちがより伝わります。

残暑見舞いのお礼の葉書の書き方、いざ書こうと思っても筆が進まないってことがあります。
普段こんなことに慣れていないからです。

スタンダードな残暑見舞いの文例でもいいのでしょうが、
日頃の感謝のきもちがより伝わる文章をつづりたいものです。

基本的な挨拶に続けてほかに何を書けばいいのでしょうか?


お礼のはがきの書き方と例文を紹介

例文をご覧ください。

2016-05-28_083733



書き方をまとめてみました。

書き方解説


①はがきの書き出しです。

 『残暑お見舞い申し上げます。』
  ここからはいります。

スポンサードリンク

②相手の様子をたずねる言葉を入れます。

 ○残暑の折、そちらはお変わりありませんか。

 ○残暑にもめげず、元気にお過ごしのことと思います。
 
 ○残暑お厳しき折から、お健やかにお過ごしでしょうか。

 ○立秋とは名ばかりの暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

 ○夏の疲れが出る頃ですが、お元気でお過ごしでしょうか。

 ○厳しい暑さが続く毎日ですが、皆様お元気でお過ごしのことと存じます。

 先に暑中見舞いなどをいただいて、「私は元気です」と確認できているのであれば
 『お元気で何よりです』といった表現の返し方が適切です。

③贈り物・ギフトをいただいた感謝の意を伝えます。

 ○このたびはご丁寧に残暑見舞いをいただきましてありがとうございます。

 ○先日はお心のこもった残暑見舞いをお送りいただき、誠にありがとうございます。

 ○結構なお品をお送りいただきましてありがとうございました。

 ○このたびはご丁寧なお心づかいをいただき、本当にありがとうございました。

④こちらの近況、無事を伝える挨拶が入ります。

 ○お盆休みには、家族で○○○○へ遊びに行きました。

 ○こうも暑い日が続くと、さすがに疲れ気味です。
 
 ○私どもも元気に暮らしておりますのでどうぞご安心ください。

 ○おかげ様で私共も大過なく過ごしております。
 
 ○おかげさまで私どもはつつがなく暮らしております。

⑤文末に相手の無事をお祈りする『ご自愛ください』の言葉で締めくくります。

 ○まだまだ暑い日が続きますが、健康にはくれぐれも気を付けて下さい。
 
 ○暑さはまだ続きそうです。どうかくれぐれもご自愛下さい。

 ○夏の疲れが出やすい頃と申しますが夏バテなどなさいませぬようご自愛ください。

 ○まだ暑さ厳しき折柄、何卒ご自愛のほどお祈り申し上げます。

 もし近々お会いする予定であれば、「お会いできるのを楽しみにしています」とか
 書いて相手にワクワク感を与えます。

⑥最後の結び

 ○晩夏  ○立秋

 と、最後の結びをもっていきます。

 『平成○○年』と日付を入れるパターンもありますが、
 返事が後手に回ってしまったということで罪悪感がのこります。

 個人的には日付は省いたほうがいいでしょう。


まとめ

贈り物をいただいたら、本来はすぐにお礼やお返しをするのがマナーです。

お返しを出し忘れて遅くなってしまったときこそ「残暑お見舞い」で挽回ですね。

マナーや慣習は色々とありますが、大切なのはあなたの気持ちです。
残暑見舞いであなたの気持ちを伝えましょう。




スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です